トリキュラーとハーブの関係、急性で現れる副作用

ハーブティートリキュラーは、低用量ピルのひとつです。低用量ピルの働きとしては女性ホルモンを補うことで身体に排卵が終わった状態を作り出すことで妊娠しにくい状態にするということです。
トリキュラーを含めて低用量ピルを使用することで、生理痛の緩和や機能性月経過多の改善、また子宮内膜症の緩和などにも効果があり避妊以外の目的でも処方されます。
低用量ピルでは、月経が終わった日から連続21日間毎日服用をする必要があり、7日間休薬して再び飲み始める必要があります。
このためサイクルを守り服用し忘れないように注意する必要があります。また使い始めの頃にはホルモンバランスの変化によって副作用が出やすいとされますが、使用を継続することで副作用は弱くなるとされます。
また低用量ピルの服用をやめて2、3ヶ月ほど経つと身体は通常の状態に戻るため妊娠することが可能です。いずれにしても低用量ピルは用法用量を守ればもっとも効果のある避妊法として知られます。
なお、急性で現れる副作用で認識できるものとしては、発疹や発熱のほか、下肢の疼痛・むくみ、息切れ、胸痛、頭痛、しびれ感などがあり、また視力障害も起こる場合があります。
これらの急性症状が出た場合には服用を中止する必要があります。
一方でトリキュラーを利用するさいにはハーブに注意する必要があります。日本ではセイヨウオトギリソウと呼ばれるハーブの一種セントジョーンズワートにはトリキュラーを代謝する酵素を生成するという効果があるとされます。
このためセントジョーンズワートを服用するとトリキュラーによる避妊効果を減少させる可能性があります。
セントジョーンズワートは、サプリメントやハーブティーに含まれることがあるため服用するさいには含まれていない場合には含まれていないか確かめる必要があります。