トリキュラーの副作用とは

生理痛の女性トリキュラーは、経口避妊薬である低用量ピルの一種です。その中身は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの役割を果たす物質によりなりたっています。
このホルモンのはたらきによって、排卵がなくなったり、子宮頚管からの粘液の質が変化したり、子宮内膜の増殖が抑制されたりして、望まない妊娠に至ってしまうことが阻止されるのです。
ホルモンの威力はたいへん強いもので、臨床試験で飲み忘れなどの特殊なケースを除いてはすべての事例で避妊に成功しています。
しかし、強力であるだけに、トリキュラーを服用したときの副作用というものも存在するのはたしかです。ありがちな副作用としては、吐き気や嘔吐、頭痛、下腹部痛などといったものが挙げられます。
トリキュラーを服用するということは、すなわち外部からホルモンを体のなかに入れるということにほかなりませんので、一時的に血液中のホルモンの濃度がかなり高くなってしまい、体のほうの対応が追いつかなくなってしまうのです。
こうした結果として、副作用としての症状があらわれるわけですが、これは数日から数週間、長くてもトリキュラーのひとつのシートを飲み終わるころまでには改善しているはずです。
もしもあまりにも副作用の症状が耐え難い場合には、体質的に合わなかったということも考えられますので、医師と相談の上で、別の銘柄の経口避妊薬を処方してもらったほうがよいかもしれません。
また、トリキュラーの副作用のなかでも重大なものとして、血栓症が挙げられます。血栓症は、血管を血液のかたまりがふさいでしまうという症状であり、場合によっては死亡の危険性さえあります。
特にタバコをかなりの本数吸っている人に起こりやすいとされていますので、事前の注意が必要です。