トリキュラーの服用率の上昇とAIDについて

親子トリキュラーは、日本で最もポピュラーな避妊薬であり、吐き気や体重の増加など、副作用や体にかかる負担が最も少なくまた海外からの個人輸入などでも最も人気が高い避妊薬だといわれています。
ピルは、排卵を休止して卵巣を休めることで排卵による卵巣の様々な病気や卵子の劣化や老化などを抑制する作用があります。
また、トリキュラーを始めとするピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、それが体内に入ることでプロゲステロンの分量が増え、濃度が十分だと脳が勘違いすることで子宮内膜を薄くする作用があるので、月経過多で悩んでいる場合にも治療の際に使用されることもあります。
ただ、日本はピルにおいての後進国であり、欧米では年ごろになると普通にピルが無料で配られる機会があるのに対し、日本においては服用している人の割合は非常に低く、効果であることから成人女性であってもほとんどの人が服用しているわけではありません。
その背景として日本では母子関係は分娩の事実によって発生すると定められ、代理出産による子供は認められないことが多いものの、AIDによる子供は遺伝的関係がなくても母体の配偶者の子供として認められやすくなっています。
AIDというのは、不妊治療などをしても子供が恵まれない場合や、無精子症などで男性側に不妊の原因がある場合に配偶者とは別の第三者精子を提供してもらうことで、遺伝市場は父と子は血のつながりがなくても法律上は親子関係にあるとされています。
一方で、遺伝子上は血のつながりがあるのに代理出産による子供は実子として認められていないのが日本の現状です。
女性の社会進出などが進むにつれて晩婚化したり高齢による出産が増えている中で、トリキュラーを始めとするピルの服用率が上昇すれば、いずれ代理出産による子供も実の子として認められるようになる日も近いのかもしれません。