ブライダルに被るのを防ぐトリキュラーのシート使用法

結婚式月経周期が定期的かどうかは、排卵をしているかどうかの判断基準にもなります。
そのため毎月、定期的に来なければ不安にもなりますが、ブライダルや長期旅行の時など、かぶってしまうと困るイベントがある場合があります。
特に花嫁さんはドレスや着物を着ているのでトイレにも行きにくく、ブライダルと生理が同時だと困ることでしょう。しかしトリキュラーのシートの服用方法を変えることで生理の開始日をずらすことが出来ます。
トリキュラーには休薬期間がありますが、この休薬期間を短くすることで生理の開始を早めることが出来、生理を遅くするにはシートが2つ必要になります。
遅らせる場合は最大で10日間遅らせることが出来るので、ブライダルでかぶらないためにはどちらを選択すれば良いのかは、自分の生理周期との相談になります。
具体的にずらす方法は医療機関で医師の指示のもとで行うと、安心してずらすことが出来ます。
また生理をずらすためには自分の生理周期を理解する必要があり、また2シート必要な場合があるのでブライダル直前で生理をずらすことは出来ません。
トリキュラーは低用量ピルの中でも比較的副作用が少ないとされていますが、初めて服用すると妊娠初期の症状に似た副作用を起こす可能性があります。
副作用は使用していくうちに感じなくなることが分かっているので、出来ればブライダルの半年、遅くても3か月前にはトリキュラーを服用して慣れておきましょう。
そうすることで副作用の心配も、生理周期の理解も解決することが可能になります。
トリキュラーは避妊や子宮系の治療だけでなく、生理の開始日をずらすという嬉しい効果を発揮することも出来る便利なツールでもあるのです。