生理予定日をずらすことのできるトリキュラーの買い方

財布の中身を確認する女性トリキュラーは女性用の経口避妊薬です。毎日1錠ずつ服用することで排卵を抑制し、避妊効果を発揮してくれます。
このトリキュラーは避妊目的以外にも、生理痛の軽減目的や生理予定日をずらすためにつかうこともできます。
生理予定日のずらし方は2通りあり、生理予定日を早めるか遅くするかによって変わります。
まず、生理予定日を早めたい場合は、トリキュラー服用後、2週間目まで服用したらそこで服用を中止します。すると服用中止後3、4日程度で生理が来ます。これで生理が予定より早く来ることになります。
次に、生理予定日を遅くしたい場合は、トリキュラー服用開始後3週間目まで飲み終えた後、新しいシートの黄色い錠剤(3種類目の錠剤)をずらしたい日数分だけ毎日服用を続けます。
3日遅くしたい場合は毎日1錠を3日間延長するといったふうにしてください。こうすることで生理は予定日より遅くすることができます。
ただし、生理予定日を遅くしすぎるのは身体に負担がかかりあまり良いことではないので、長くとも1週間程度に抑えておくことが良いでしょう。
トリキュラーの買い方ですが、日本国内では婦人科または産婦人科を受診して処方してもらうことが一般的です。日本ではトリキュラーは保険適応外の薬ですので、全額自己負担となりますが1シート2000円から3000円程度が相場です。
もし長期間使用予定で安く購入したい場合には個人輸入や個人輸入代行を利用することでより安く購入することもできますが、その際はトラブルなどに巻き込まれないよう、しっかりと対応してくれる業者を探し自己責任で行うことが大切です。
また、その場合にも定期的に病院は受診し、婦人科疾患にかかっていないか検診は受けるようにしましょう。